あたうる興業【ブログ版】

あたうる興業公式ブログ。雑記メインに夫婦で書いてます

創作

エッセイ「ぼくのお母さん」その2

お袋の若い頃の逸話を思い出してみる。本人から聞いた話しなので、多分、本当のことだろう。お袋は若い頃、美人だったらしい。おしゃれでもあったらしい。しかし、私の記憶にあるお袋は、小汚い格好をした、太ったおばさんである。 お袋は七人兄弟の二番目の…

エッセイ「ぼくのお母さん」その1

そう、お袋さんが死んでから二十年以上経ったし、そろそろ執筆してもいいころかな。そういえば生前、お袋が言ってたことなんだけど「 明(あきら)よ、将来、ぼくのお母さんというタイトルで本を書いたら、きっと売れるぞ!」と。 お袋は、いわゆる破天荒な人…

マンガ「またわれ村の日常」4話できました。

またの割れた大根「またわれ」たちのゆるい日常を描くマンガ「またわれ村の日常」その4ができました。イケメンアイドルまたわれ「ミウラ」が登場します。

マンガ「またわれ村の日常」3話できました。

またの割れた大根、またわれたちが村を作ってのんびり暮らすゆるいマンガ「またわれ村の日常」3話目ができました。すごく大きいまたわれと、小さいまたわれが出てくるお話になってます。

マンガ「またわれ村の日常」2話できました。

ゆるいまたわれ大根の村暮らしを描いたマンガ「またわれ村の日常2話 はたらくまたわれ」ができたのでお知らせします。今回からサブタイトルつけてみる事にしました。よければ見てね。

マンガ「またわれ村の日常」1話できました。

なんかいきなりですがマンガ描き始めました。またの割れた大根「またわれ」が「またわれ村」で過ごす、ダラダラとしたスローライフのお話です。ゆるキャラとほのぼのした話が好きなら楽しめるかも。

またわれのたび その4

またわれによっておおまたわれと名付けられた巨大な大根は、ふたりに不思議な話を聞かせるのでした。タダの大根じゃないなら、彼らは一体何なのか?

またわれのたび その3

またの割れた大根が、自我を持ち旅に出かけるほのぼのファンタジー。その3です!

またわれのたび その2

川で水あびをした後再び歩き出したまたわれは、ふとある事に気がつきました。 「ところでこまたわれ、さっききみと話していたとき自然に体の横から腕が出てきたんだけど」 「そういえばそうですね。いつの間にか、私にも腕がはえてました」 「なんだか人間み…

家の包丁が切れない

家の包丁が切れない。 家の包丁が切れない。 とにかく包丁が切れない。 調理中うっかり手が滑っても全くケガしないくらい切れない。 シャリンと涼やかなのは音だけ。 とにかく刃こぼれがひどい。 これはもはやKATANAではなくブロードソード。 力任せに叩き切…

またわれのたび

とあるダイコン畑で生まれた「またわれ」。割れているゆえに市場に出られない彼は自ら歩き、旅に出ることにしたのでした。ナゾの大根童話風ストーリー、その1です!