あたうる興業【ブログ版】

あたうる興業公式ブログ。雑記メインに夫婦で書いてます

免許の更新に行ってきた話でも。

スポンサーリンク

うるちです!

 

週末過労で2日ほど寝込んでました。いやー先週ちょっと予定入れ過ぎたわ。

 

年末だから用事の類は前半にさっさと消化して後半のんびりしたい!とか思ってたんですが、めまいがするまで動いちゃダメだね。うーん反省。

 

5年ぶりの免許更新

 

まあそれはともかく。先週の金曜日に、5年ぶりの免許更新に行ってきました。

 

通常は3年だけど、うるちはゴールドなので5年です。ただし別に運転が上手いわけではなく、単にあまり乗らないからゴールドなだけです。

 

ほぼペーパードライバー同然なのに優良運転者と認定される事に対しては、以前から若干の後ろめたさを感じてました。運転しない=危険な事故を起こさない=優良ってことなんだろうけど。

 

私は誕生日が年末の人なんで毎回この時期に更新の通知がくるんですが、正直雪とか降り積もってるなか僻地の免許試験場までいくのがすごくダルいです。

 

試験用のコース確保とかで広い土地が必要だから、土地の安い僻地に作るってことなんでしょうけどねえ。

 

f:id:atauru_kougyou:20211213141533j:plain

 

車持ってて日常的に乗ってる人なら、自分の車で行けばいいだけなのでさほど問題はないんだろうな。車ない人とか、乗らないペーパーだけが面倒な思いをするのだ。

 

しかし免許証は身分証明書としてあまりに便利な上、取得にもそれなりにお金がかかっているので失効するのはもったいない。

 

ので、毎度面倒だと言いつつも律儀に更新行ってます。ゴールド免許持ってるけど、実はマイカーで免許の更新に行ったことは過去一回もないんだぜ!へへん!

 

・・・我ながら書いてて情けなくなってきた。

 

冬の寒い朝にお出かけ

 

ともあれ、車がないので朝の早い時間からバスを乗り継いで行ってきました。冬の朝バスは、学生さんで混み混みなんだよなあ。

 

仕方のないこととはいえ、この空間「」になってると思ってしまった。皆余計なおしゃべりとかはしてなかったけどね。

 

喋らなければ飛沫も発生しないし、密でも意外と大丈夫なのかもしれん。バスはしょっちゅうドア開くから換気も問題ないだろうし。

 

試験場についたら、玄関先に見慣れない行列が。コロナ過ということで、試験場も入場制限をしてました。冬の朝という激寒な時間帯に外でしばらく待たされたよ。

 

手続き自体は、コロナ以前より超スムーズになってました。入場制限がある分、より効率よく人間をさばかないといかんのだろうね。

 

今回一番気になってたのが視力検査だったんですが、意外なほどあっさり通りました。

 

いつもは更新通知が来たら、まずメガネ屋さんに行って視力チェックしてもらうんですよね。で、通るレベルに足りなさそうだったらメガネ買い替えちゃう。

 

けど今年は事前の視力チェックしなかったんですよ。一度中途半端な時期にうっかりでメガネ踏みつぶしてダメにしちゃって、買い替えているのです。

 

そう何回も頻繁にメガネ買い替える予算はありませんからね。ダメだったらその時考えようと思ってました。いやー無事通ってよかったわーホントに。

 

写真撮影に講習に

 

視力検査の次は写真撮影だったんですが、これもまたある意味曲者でねえ。免許写真って何であんなに人相悪く写るんでしょうね。結構あるあるな話みたいですけど。

 

普段の写真写りも決して良い方とは言えない私が、免許写真ですよ。そりゃもうこの凶悪犯誰だよ、みたいな写り方してたんですがもう面倒くさいんでいいやこれで。

 

そういえば運転免許の管轄って警察ですよね。受刑者収監する時の写真撮影システムそのまま流用してんのかなあ。

 

たまたま5年前と同じコート着てってそのまま撮ったんですが、きっちり5年分老けてたような気がします。くせ毛っぷりもひどくなってたような気がします。

 

手続きを全部終えたら、講習の時間です。優良講習は30分で済むからやや楽。でも、ドライバーの高齢化と高齢者の事故が増えてるっていうお話などしっかり聞きました。

 

あおり運転に対する罰則なども、新しく増えた項目なのでチェック。結構違反点数高くて驚きましたが、煽るような人はガッツリ罰を与えんと反省しないだろうしまあ納得のいく点数かもしれません。

 

そんなこんなで滞りなく講習を終えて新しい免許をもらいました。さあ帰ろう!と思ったら、バスが来るのが1時間半後・・・ギギギ。

 

しょうがないので食堂に入って、うまくもまずくもない、めっちゃ普通のカツ丼食べながらバスを待ったうるちなのでした。

 

おしまい!