あたうる興業【ブログ版】

あたうる興業公式ブログ。雑記メインに夫婦で書いてます

またわれのたび その4

スポンサーリンク

またわれがおおまたわれに聞きました。
 
「こんなに大きい体なのに、よく今まで人間に見つからず暮らせたなあ。いったいどうやってかくれていたんだい?」
 
「かくれなくても、人間、気づかない。体の中、すりぬけていく」
 
それを聞いて、こまたわれが驚きに目を見張りました。
 
「つまり、人間の目には君の姿が見えていないと。さらに、触れることもできないという事になるわけですよね・・・・・・やはり我々はもう、ただのダイコンではないのか」
 
「へー。そりゃ面白いね!今度人間を見つけたら、思い切って触ってみようか」
 
ポンと手を打ってジャンプするまたわれに、こまたわれが厳しい目を投げかけます。
 
「もし見えてたら危険ですよ!こんな変なヤツがいるって捕まえられて、見せ物にされたら嫌じゃないですか」
 
「その時はこのすばらしい大根足で、華麗に逃げ切ってみせればいいさ」
 

f:id:atauru_kougyou:20210630101949j:plain

 
腰に手を当て足を高く上げながら、またわれが踊り出します。こまたわれはといえば、その様子を呆れたように見つめながら、深くため息をつきました。
 
「またわれとこまたわれ、面白い」
 
ふたりのやりとりを聞いていたおおまたわれが、大きな体を揺らして笑います。フォフォフォフォという低い声と共に、振動がそこらじゅうの山へと響き渡りました。
 
やがておおまたわれは笑うのをやめると、ふたりにむかって小さな笛のようなものを差し出しました。
 
「これやる。草で作った笛吹けば、いつでも会いにいく」
 
「おお!これはいいものをどうもありがとう。新しい仲間に貰った素敵なプレゼントだからね、大事にとっておくよ」
 
「さて、僕たちはまた旅を続けようと思いますが、おおまたわれはこれからどうするんですか?」
 
おおまたわれは少し考えた後、ゆっくりと口を開きました。
 
「ここ、産まれた山。離れる気ない。でも笛吹いてくれれば、歩いて会いにいく」
 
「そうですか、じゃあいったんここでお別れですね」
 
「ぼくらはもう行くよ。また会おう、おおまたわれ」
 
 
つづく