あたうる興業【ブログ版】

あたうる興業公式ブログ。雑記メインに夫婦で書いてます

ハウスフリッパー日記「またわれホーム開発」その10

スポンサーリンク

うるちです!

 

リフォーム業者になってお客の困り事を解決する「ハウスフリッパー」ゲーム日記も、とうとう怒涛の10回目ですよ。

 

前回の記事はこちら

www.atauru-kougyou.xyz

 

前回家売ってもあんまり儲け出なかったぽいので、しばらく地道にお客さんからのメール依頼をこなしていくことにします。

 

スクルージ邸の改修

 

冬のアップデートのせいでしょうか、家を掃除してクリスマスの飾りをつけてほしいという依頼が多かったです。

 

訪問したお宅はどこも広くてオシャレな家具や調度品などが置かれており、それまでの一般的な住宅とはちょっと違う感じでしたね。

 

みんなすごくお金持ってて、優雅な暮らししてそうなのが伝わってくるというか。まあお客が庶民だろうと金持ちだろうと、ウチは普通に仕事するだけですけど。

 

 

個人的にやってて面白かったのが、この依頼者。エベネザー・スクルージさん。依頼内容自体は、普通に新しく買った家をリフォームしてほしいという物でした。

 

はいはいやりますよ~っと現場に向かい、玄関先を除雪してから室内に入ります。室内に残っていた不要な古い家具を売却してからお掃除を始めました。

 

床の張り替えなどもあり、家の広さもまずまずあるので結構大変。しかもその後新しい家具を配置したり、クリスマスの飾りつけなども任されています。

 

 

こんなにたくさんの種類のアイテムを配置しなきゃならんのですよ。配置位置も完全にこちらに任されてますし、収まりよくまとめるため試行錯誤することになりました。

 

 

結局なんかこんな感じで無難に置いていきます。ちなみに他の部屋も掃除はもちろんタイル張り替えやペイント、新しい家具配置などひと通り全部やる感じでした。

 

フルリフォームよりは短時間だろうけど、全部の任務完了するのに結構時間がかかりましたよ。報酬もそれなりにもらえたのでいいけどね。

 

で、このスクルージさんなんですが。実はこれで終わりじゃなかったんですよ、その後も依頼を頂きまして同じ家へまた来ることになっちゃいました。

 

 

元婚約者が勝手に家を派手派手にしてったから、余分な物を処分してほしいそうです。照明はロウソクで十分とか、何だか前の依頼と雰囲気が違うなあ。

 

よくわからないながらも、再び現場へ向かいます。「またわれホーム開発」出動~。

 

 

いらないアイテムの売却から始めようと思ったんだけど、何か前に頼まれた時とは置いてある家具の種類が全然違います。元婚約者さんは気に入らなかったのかな。

 

スクルージさんの資産を当てにして好き放題買ったあげく、この浪費が元で関係が破綻したのかもね。我々は余計な詮索せずただ仕事をするのみだけど。

 

今回はほぼ掃除とアイテム売却に特化した任務でした。前回よりは早く終わった。

 

 

と思ったら、またこの人だよ!なんか毎回メールの文面が安定しないような気がするんだけど何なのこの人。お金はあるみたいだけど、なんていうか情緒不安定。

 

前回は婚約者と別れたことで自暴自棄になっていたのだろうか?本当に毎回同じ人物がメール書いて出してるのかすらも、ちょっと疑わしくなってきました。

 

差出人名が同じだけで、中の人は全然別人だったりして。真相はわかりませんが、来いと言われりゃ行って仕事をしますよ。だってお金がもらえるし!

 

まあそれにしてもちょっと安易に業者呼びすぎの感はありますが。ともあれ、同じ家へ三度も派遣されることになっちゃいました。

 

 

また、前回行った時とは全然違う物が置かれています。汚れもひどくなってるし、床も壁も汚い感じになってて殺風景というよりは殺伐とした有様です。

 

この短期間の間に、いったいこの家に何が起こったのでしょうか。とりあえず不用品の処分と掃除をはじめます。荒れた家はきちんと再生させなきゃね。

 

 

一連の依頼中、変わらず配置され続けていたのはこのピアノ。元婚約者と別れてヤケクソになってる時も、ピアノだけは売らずに保持し続けていたようです。

 

音楽は人の心を癒しますからね。何かこだわりもあるようだし、スクルージさんにとっては真に必要な物だったのでしょう。

 

 

煤けた壁にペンキを塗って、部屋に明るく落ち着いた雰囲気を取り戻していきます。せっかく立派な家なんだから、もっと人の集う温かい場所になる事を願って。

 

床も明るい木目素材に張り替えたことで、ナチュラルかつ雰囲気の柔らかさが出てきました。これならお客を呼んでパーティしてもくつろいでもらえますね。

 

 

これまで同様に、新しい家具を配置していきます。こんだけ雰囲気の違う家具を次々買い替えられるあたりはやっぱりガチの大富豪なんだろうな。

 

大きなコーナーソファなどを、部屋のスペースフル活用でどうにか搬入しました。うまいこと並べないと、全部入りきらないので地味に大変。

 

 

ダイニングテーブルや椅子の他に、上のガチャガチャした細かい食器類の配置までやらされてちょっとイライラした。皿とかカトラリーとか、すごいいっぱいあるし。

 

元々私は大雑把な性格のやつなので、この手の細かい作業は苦手なほうなんですよ。テーブルウェアの並べ方ルールとかもあるんだろうけど、何にも知らないしね。

 

 

キッチンユニットの総取り換えもかなり面倒でした。狭いスペースにあれもこれもガンガン詰め込まなきゃならんので、仕方なく適当&強引に並べたよ。

 

改めて見ると、部屋の空間がめちゃめちゃ広いなこの家。大型ラジエーターは前回の時に撤去しちゃったけど、暖炉一つでちゃんと温まるのだろうか。

 

 

1階を整えたら、今度は2階も作業開始。まーとにかく広いんだ。ペイント床張りは大体どこの部屋でも必要だし、家具の撤去や新しいのの配置もあるし。

 

お金をもらう以上はちゃんと仕事をしますけど、正直言って面倒くさい金持ちに振り回されてる感は否めないな。間違いなく儲かることは儲かるんだが。

 

 

見てよこの部屋。一体何をやったら壁がここまでひどい状態になるんだかさっぱりわからないよ。リフォームのプロとして、きっちり直させてもらいます。

 

 

こんな感じで再生しました。この時点ではまだ塗ってないけど、発見した塗り残し部分もあとでしっかり塗り直しておいたよ。

 

手間はかかったけど任務完了して、三度目の報酬をもらいました。家の行く末もスクルージさんの人生も、よりよい方向に進むことを祈るばかりだね。はー疲れた。

 

 

またわれ:うるちお疲れー。いや~今回はなかなか儲かったよ、なんせ同じ人から三度も同じ家のリフォーム依頼を受けたからね!

 

うるち:金持ちのワガママに振り回されるこっちは大変だったよ。しかし金はあっても愛は手に入れられなかったのだな、この依頼主は

 

またわれ:お金で買えない物には案外弱いのかもしれんよ、金持ちも

 

うるち:衝動的な金の使い方を改めれば、金目当てじゃないマトモなパートナーに巡り合う確率も上がるんじゃなかろうか。パーティでいい人見つかるといいね

 

またわれ:そうだなあ。我々はただの業者だけど、お客の皆さんには生まれ変わった家で幸せに暮らしてもらいたいね

 

うるち:おっ、たまにはいい事言うじゃないか

 

またわれ:たまにはとか言うなー!

 


 

といったところで今回はここまで。

 

以上、うるちでした!

 

www.atauru-kougyou.xyz