あたうる興業【ブログ版】

あたうる興業公式ブログ。雑記メインに夫婦で書いてます

ゲーム日記
創作・小説
雑記・雑談
ショップ

2021年11月7日将棋NHK杯 渡辺明名人対郷田真隆九段

スポンサーリンク

こんにちは!あたうる興業の「あたろう」です。将棋NHK杯、渡辺明名人対郷田真隆九段の対局の棋譜と、あたろうの感想を記事にしたいと思います。

 

2021/11/7 NHK杯テレビ将棋トーナメント2回戦第14局 

 

▲先手 郷田真隆(ごうだ まさたか)九段 50才 竜王戦2組(1組:18期) 順位戦B級1組(A級:13期)

 

△後手 渡辺明(わたなべ あきら)名人(棋王・王将) 37才 竜王戦1組昇級(1組以上:15期) 順位戦第79期名人 (A級以上:12期)

 

郷田九段はNHK杯30回目の出場です。NHK杯優勝の経験もあります。対する渡辺名人は20回目の出場です。対戦成績は郷田九段の14勝、渡辺名人の25勝です。解説は羽生善治九段です。郷田九段は居飛車党の本格派というイメージとのことです。渡辺名人も居飛車党の将棋なのですが、見切りの良い、決断の良い将棋という印象があるとのことです。本対局の見どころは、両者とも本筋を追究する将棋ということなので、見ている方にもお手本になるような面白い将棋を見せてくれるのではないでしょうかとのことです。本対局は序盤、角換わり、腰掛銀の様相になりました。それでは本対局の棋譜に入っていきたいと思います。

f:id:atauru_kougyou:20211111001022j:plain

▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7六歩△3二金▲7七角△3四歩▲6八銀△7七角成(下図)

f:id:atauru_kougyou:20211111001042j:plain

▲同銀△2二銀▲7八金△3三銀▲4八銀△6二銀▲4六歩△6四歩▲6八玉△6三銀▲4七銀△7四歩▲3六歩△4二玉▲3七桂△7三桂▲2九飛△8一飛▲9六歩△1四歩▲1六歩△6二金▲9五歩△5四銀▲3八金△4一玉▲5六銀△3一玉▲4八金△4四歩▲3八金△4一飛▲3九金(下図)

f:id:atauru_kougyou:20211111001239j:plain

△6五銀▲4七銀△5四銀▲4八金△5一飛▲5六銀△8一飛▲3八金△4一飛▲4九飛△2二玉▲6六銀△5二金▲1八香△6二金▲1九飛(下図)

f:id:atauru_kougyou:20211111001256j:plain

△8一飛▲1五歩△同歩▲4五歩△3五歩(下図)

f:id:atauru_kougyou:20211111001316j:plain

▲4四歩△3六歩▲4五桂△3七歩成▲1五香△同香▲同飛△1一香▲3三桂成(下図)

f:id:atauru_kougyou:20211111001335j:plain

△同金▲1四香△同香▲同飛△1三歩▲3四歩△1四歩▲1一角△3二玉▲5五銀左(下図)

f:id:atauru_kougyou:20211111001355j:plain

△3六角▲5四銀△5八飛▲7九玉△5四角▲3三歩成△同桂▲4五銀(下図)

f:id:atauru_kougyou:20211111001413j:plain

△5二金▲5四銀△同歩▲3四角△4三歩▲同歩成△同金▲5二銀(下図投了図)まで99手で先手郷田九段の勝利

f:id:atauru_kougyou:20211111001434j:plain

 

「素人あたろうの、本対局の感想」

 

下図、後手3二玉のところ、

f:id:atauru_kougyou:20211111001733j:plain

下図、先手5五銀左と指します。

f:id:atauru_kougyou:20211111001854j:plain

解説の羽生九段が「え~~、、、え~~、3三金を取らない、へー、先手5五銀はあるとは思ったんですけど、金を取ってからかなと思ったんですけど、意表を突かれますね」と驚いた一手でした。

 

下図、後手3三同桂のところ、

f:id:atauru_kougyou:20211111002604j:plain

下図、先手4五銀と指します。

f:id:atauru_kougyou:20211111002656j:plain

解説の羽生九段が「凄い手ですね!4五銀って詰めろの手ですね。これはなるほど、ちょっと困ったかもしれないですね。桂でも角で銀を取っても詰まされてしまう手ですので、でも取れないってことになると、4五銀はマイナスの要素が無いとなって・・・あ~いい手ですね」

 

僅差ではありますが、羽生九段が驚く様な手が続き、郷田九段の勝利となりました。「素人あたろう」的には、早指しの将棋で、これだけ驚かさせる将棋を指すプロ棋士は、さすがですねという感想です。

 

あたろうでした!!